妊娠中の栄養バランス|二人の安全を祈るなら助産院選びが重要になる

二人の安全を祈るなら助産院選びが重要になる

妊娠中の栄養バランス

ウーマン

必要な栄養素

妊婦は、様々な栄養素が必要になります。そのため、バランス良く食事を取ることが必須なのです。まずは、妊婦におすすめの食事を覚えておきましょう。まず、妊婦は、栄養が胎児に持ってかれるために貧血を起こしやすいです。ですので、鉄分やミネラルをたくさん摂取することが好ましいです。特に葉酸は胎児の先天性の異常を防いでくれる効果があるといわれているので、ほうれん草などを積極的に取ることが重要です。それから、妊婦は、一日に900mgのカルシウムを摂取することが必要です。ですので、牛乳はもちろんのこと桜えびなどもカルシウムが多く含まれているので取るように心がけましょう。そして、体を形成するのに必要なアミノ酸が含まれているたんぱく質を取ることも大切です。特に、卵や鶏肉、豚肉がおすすめです。

おすすめの食材とメニュー

では、これらの食材をふまえて、産婦人科の医師や助産師が推進する食事のとり方を紹介します。主食に関しては、無精米のごはんやパンを取ること良いでしょう。精米してないものには、ミネラルが非常に多く含まれているので、神経を落ち着かせる効果があるのです。他にも、ミネラルや食物繊維も多く含まれているため、妊娠中の便秘解消にもつながります。次に、おかずに関してですが、先ほども説明したようにたんぱく質を多くとることが重要です。しかし、取りすぎるとまれにアレルギー反応を起こす危険性もあるので、しっかりとコントロールが必要です。ですので、一定の食材だけでなく、鶏肉、豚肉、牛肉と一日ごとに変えていくことが好ましいです。そして、食事に使う調味料も重要で、砂糖ではなく、きび砂糖や黒糖などが良いです。これらの食材を使用して煮物やおひたし、玄米ご飯などの食事メニューを作ることがおすすめです。

このエントリーをはてなブックマークに追加