二人の安全を祈るなら助産院選びが重要になる

妊娠中の栄養バランス

ウーマン

妊婦は、カルシウム、鉄分、ミネラル、たんぱく質が必須です。ですので、バランス良く食事に取り入れることが重要です。また、主食に関しても、玄米を中心として摂取すれば、カロリーも抑えられ、栄養素もより多くとれるのでおすすめです。

Read More..

希望のバースプランで出産

女医

昔ながらの出産を

近年、産婦人科医の減少により、出産難民と呼ばれる人が増えています。産婦人科が地方の市町村に存在せず、妊婦健診を何時間もかけて隣町へと受けに行っている妊婦もいます。日本では、出産は産婦人科で行うことが主流です。助産院でも出産は可能ですが、産婦人科と違う点は産科医がいないことです。出産の時、万が一の危険があった場合、医師免許を取得している医師でなければ医療行為をすることができません。助産院では医療行為を行わず、自然な力により出産を行い、助産師が出産の手助けをするという位置づけの施設になります。そのため、妊婦健診で妊娠経過が異常なく、助産院で自然分娩が可能な妊婦のみが利用することができると定められています。

産科との連携が必要

助産院で出産が可能な妊婦は、逆子や双子などの多胎ではないことや、帝王切開での出産経験がないこと・子宮筋腫や子宮後屈などの子宮異常がないこと・b型肝炎などの感染症がないこと・喘息などの持病がないことなど、さまざまな項目をクリアして許可されます。助産院と産婦人科は妊婦に万が一のことが起きた際にきちんと医療行為ができるよう連携が取れていることが最も大切です。助産院での出産にはさまざまなメリットがあります。自分の楽なスタイルでの分娩や、家族に見守られながらの出産など、産婦人科とは違うバースプランを実現できるところが多いのも人気です。自然なお産でリラックス効果があることや、出産後の母乳指導や育児などの相談も気軽にできるのも魅力です。

妊娠したら

妊婦

妊娠すると、胎児のことも考え食事に気を使うようになると思います。積極的に摂ったほうがいいものは意識して摂るようにしましょう。また、摂りすぎると悪影響を与える食事は摂りすぎに注意することが大切です。妊娠中はストレスが最もよくありません。あまり神経質になりすぎず、食事をするようにしましょう。

Read More..

生理痛や性病の治療

ドクター

大阪の婦人科には生理痛外来が設置されており、生理痛の診断をしてくれるので心強いです。性病や性感染症の治療も行っており、クラミジアや淋病を発症しているときには早めに通うことが大切です。

Read More..

このエントリーをはてなブックマークに追加